気象異常時の対応について

(A)午前・午後の部共通
【台風来襲などによる体講について】
・当日午前7時時点(午前6時50分台の「関西の気象情報」)で
 教室所在市町に「特別警報」「暴風、大雨、洪水、暴風雪、大雪警報」いずれかが発令されている場合、その日の講義はすべて休講とする。
・受講生の居住地に「特別警報」「暴風、大雨、洪水、暴風雪、大雪警報」いずれかが発令されている場合は登校なしとする。ただし2週間以内に本人からの申し出がある場合は登校扱いとする。
・講師への連絡は各学科担当教務から行う。
 C Aは「代替講義」の実施については関係者と協議し決定する。
 (注)校外学習などで当日午前7時時点での判断では時間的に難しい場合などは、 各学科で判断時間を繰り上げてもよい。
【地震などによる休講について】
・当日登校前に、教室所在地または校外学習の地域で「震度5」以上の地震が発生した場合は休講とする。
・また、受講生の居住地が同様な場合も登校なしとし登校扱いとする。交通機関の地震による運休(震度5以下も含む)も同様の扱いとする。
・その他、講師への連絡や「代替講義」などは、台風の場合と同等とする。


(B)午後の部
【台風来襲などによる体講について】
・当日午前7時時点(午前6時50分台の「関西の気象情報」)では、
教室所在市町に「特別警報」「暴風、大雨、洪水、暴風雪、大雪警報」いずれも発令されていなかったが、午前10時現在、これらのいずれかの警報が発令されている場合、その日の講義はすべて休講とする。

© 2023 のあ不動産。Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now